私の肌荒れを治してくれたものはオーガニック化粧品のオラクル

私は中学生の時から10年以上ニキビに悩まされてきました。

皮膚科も行って、化粧品もいろいろ試してきました。でも、がんばればがんばるほど、
これで治らなかったらどうしようっていうプレッシャーが出るらしく、思うように効果が出ずに落ち込む毎日でした。

それが今年の春30歳の時、花粉で肌が激荒れして、それまで使ってた化粧品が使えなくなったんです。

その時に、ネットで検索して見つけたオーガニックコスメを使ってから、肌がどんどんきれいになってきて、今ではほとんど肌荒れのない健康な肌になってきました。

使ったのはオラクルです。

芸能人に使っている人が多いオーガニックコスメという理由で、これなら肌に良さそうと思い選びました。

まず初めにトライアルセットを頼んだら、使い始めて3日くらいで肌荒れが若干落ち着いたんです。

吹き出物もがさがさもひどかった時だから、このときは本当に救われました。

満足できたので、3点セットを購入して2~3年は使いました。

徐々にではありますが、肌の調子もどんどん回復していきました。

今では嘘のように肌がつるつるです。友達にもほめられました。

今まではピーリングだの、ビタミンCだの、ニキビのためにがんばってきたけれど、最終的にはオラクルに救われました。肌荒れしやすい人にはおすすめですよ。

ニキビ跡の改善に向けて努力している事

私の肌の悩みは、妊娠中に大量に発生したニキビの跡です。

産後1年経った今でも、無理に潰してしまったニキビは頑固な跡になってしまって、なかなか綺麗に治りません。

特に、口周りのニキビ跡は髪の毛で隠せないので目立つし、ファンデーションを厚塗りしても結局時間が経つとよれてしまうのでとても悩んでいます。

子育ても少し落ち着いてきたので最近になってニキビ跡の改善の為に美容ケアを始めました。

主にしている事は、毎日DHCで購入したビタミンCのサプリメントを飲む事と、同じくDHCで購入した薬用VC美容液を毎日塗って寝る事です。

まだ上記のサプリメントも美容液も使い始めて1か月ぐらいなので、劇的な効果は感じられないのですが、気持ちだけニキビ跡の赤みが引いて薄くなったような気もします。

また、美容ケアと同時に取り組んでいる事が体質改善です。

妊娠中だけでなく産後も寝不足やストレスのせいで、不定期にニキビが出来る事があるのでニキビが出来ない体質を目指して主に食事内容の見直しで体質改善をしようと頑張っています。

ニキビの原因になるであろう油っこい食べ物は極力食べる事を控えて、和食中心のヘルシーなメニューを心がけて食事を作るようにしています。

体の中から綺麗にしていく事も肌荒れ改善に繋がると思いますので、地道に頑張りたいと思います。

(滋賀県 バナナ大好き主婦さん)




肌荒れの解消法は加湿器とオールインワンゲル

私の毎日肌荒れの解消法についてです。

お肌の肌荒れの大きな原因はお肌の乾燥と加齢だと思います。

冬の冷たい空気によるカラカラした乾燥した空気は夏の紫外線によって受けた肌と秋から冬の疲れた肌に乾燥を招きます。

私は敏感肌ではないのですが、冬の間は家でヒーターをつけている時間は必ず加湿器を同時につけています。

そして、水分補給をこまめにすることがお肌にとっていいと思っているので、水分をちょこちょこっととっています。

そして、寝る前の夜のお手入れに必ず保湿成分の入った保湿化粧品を使用して保湿ケアしています。

保湿化粧品は年齢肌にもとてもいい感じだと実感しています。

美容液成分を配合しているオールインワンタイプのものを使用しています。

これは一つでお手入れが済むむので私にはピッタリです。

美容液は一番美白効果があるらしいです。

美白効果と言うのは肌を白くすることではなくて、お肌の古い角質を取ってくれることです。

このメラニンを含む古い角質が毛穴のつまりや黒ずみを起こすので美白は大事です。

また、保湿化粧水はハリと弾力を戻し毛穴引き締め効果があるらしいです。

一番嬉しいのは、ハリなどのお肌に若さを取り戻してくれるような気がします。

これからの為にも毎日保湿はしなければいけないと思います。

(栃木県、ひまさん)




肌荒れの解消はビーソフテンローションとヒルドイドクリーム

特に思い当たる節がないのにある時急に肌が荒れ、顎に吹き出物ができました。

毎日同じ生活をし、特にストレスもなく過ごしていたので原因はいったい何なのだろうと考えながら市販のビタミン剤などを飲んでみたりしました。

しかし、一向に肌の状態が改善される様子も無く、ガサガサのまま吹き出物も治ってもまた次のものができてしまう状態でした。

自力で治すのはむずかしいと感じ、近所の皮膚科を受診するこのにしました。

その時に処方されたのはアクアチウムクリームとビタミン剤でしたが全く効きませんでした。

その次にかかりつけの内科で肌荒れを相談したところ、ディフェリンゲルと桂枝茯苓丸加?苡仁という漢方を処方してもらいました。

しかしこれも全く効かずに効かぬまま飲まないよりはマシと思い、漢方を飲み続ける日々が続きました。

ある時、別件で母が皮膚科からビーソフテンローションとヒルドイドを処方され、とても肌の調子が良くなったと言っていたので、私も使ってみたところ肌荒れがおさまってきました。

肌荒れもすっかりおさまって、またいつも使っている化粧水を塗ったとたんに肌が赤く荒れてしまったのです。

肌荒れの原因は毎日使っていた化粧水だったのです。

10年以上同じ化粧水を使っていて、ある日突然自分の肌に合わなくなってしまいました。

今はその化粧水の使用をやめて、定期的に皮膚科に行ってビーソフテンローションとヒルドイドを処方してもらっています。

(愛知県 タス子さん)




肌荒れ解消にはとにかく睡眠大事です

忙しい日が続き、やることが多く、睡眠時間が減ると肌荒れします。

何となく全体がたるむというか下がる感じに見えて鏡で自分の顔にぎょっとします。

こうなってくると早めに治さないと!と思って色々頑張ります。

まずは休養。

一番の回復方法は睡眠時間だと思うのです。

休日はわざとに朝寝坊する日も時々作ります。

たっぷり寝るとその間に内臓も休まります。

朝起きるとおしっこがたくさん出ます。

疲れからくるむくみもとれて肌もいくぶんかふっくら戻ります。

それ以外には蒸しタオルで顔をふやかしニベアクリームをたっぷりぬるという方法もとります。

お高い化粧品を使わずともカサカサと粉ふき肌もしっとりします。

あとは栄養です。

食べるものは重要です。

美味しいからと言って油っこい揚げ物、お菓子をとりすぎると吹き出物が出たりベタベタ肌になりそうです。
とくにビタミンの多い果物、野菜を中心に食べます。

お菓子は肌荒れを悪くしそうなのでおやつにはヨーグルトなど肌に良いものをとります。

お肉も脂が少ないささみなどゆがいてたんぱく質もしっかりとります。

たんぱく質は肌をきれいにしたり髪の毛の健康にも重要だからです。

規則正しい生活、暴飲暴食をしないなど日々の生活を整えることが肌荒れを起こさないためには大切だと思います。

(福岡県  チョコさん)




思春期ニキビにはやはり専門の薬が効果的です

思春期の肌と言えば、ニキビのトラブルが多いですよね。
そんな私も、もう何十年も前ですが、ニキビ肌に悩んだ一人でした。
このニキビですが、気になって潰すと悪化してしまいますし、そのまま放置しておくと、赤みが拡がるような気がして、どうにも厄介なものでした。
今考えると、これもホルモンが活発に働いていた証拠だったんだなと思いますが、当時は何でこんなに肌が汚くなるのだろうと随分と悩んだものです。
そのため、いろんな方法で、ニキビをやっつけようとしました。
まず、試したのがレモンパックです。
これは何かの雑誌に載っていたのですが、小麦粉とレモンを練って顔に貼り付けて洗い流すというもので、ニキビに効果的だと書いてありました。
しかし、一回試しただけで、肌荒れが酷くなり、よりニキビが赤くなってしまったために、すぐに止めました。
その後はビタミンの錠剤を飲んだりもしましたが、なかなか効果が現れず、結局はニキビの専門薬を買って、塗り続けた結果、かなりの症状の改善がありました。
クレアラシルというニキビ薬が出ていますが、私はこれを塗り続けて、同時にドクダミ茶を飲んで効果がありました。
どちらが効いたのか、それともどちらとも効果があったのかは分かりませんが、恐らく顔の表面的なニキビにはクレアラシルが効果があり、身体の中からドクダミが綺麗にしてくれたので、それも良かったのではないかと思います。
その後はニキビは自然に消滅しましたが、加齢と共に今度はシミが気になるようになりました。
そのため、再びドクダミ茶を飲んでいます。

(大阪府 高石市 緑茶さん)

中学生ニキビ対策




かゆいニキビにはこの方法!

にきびは出来るとただでさえ嫌なのに、さらにかゆみまで出ると本当に辛いですよね…
わたしも顔に出来るニキビがかゆくなる時があります。

でもそんな時絶対にしてはいけない事があります!
それはかゆみに負けてニキビを触ってしまう事です。
顔にも指にも雑菌がたくさんついているので、
ニキビを触るとただでさえ炎症を起こしているお肌の状況がもっとひどくなってしまいます。
場合によっては膿の出る大きなニキビに成長してしまう事も…><
そうするとどんどん治りが悪くなってしまうので、絶対にやめましょう!

逆にかゆいニキビの対処法と言えば、乾燥を防ぐことだと思います。
ニキビのかゆみって、冬場や春先など乾燥している時に起きやすいと思いませんか?
やっぱり感想はお肌の大敵。化粧水や乳液など、それぞれ肌に合ったもので乾燥を防ぎましょう♪

そして色々と対処してもかゆみが消えない場合、もしかしたらそれはただのニキビじゃないかもしれません。
わたしもある時ニキビのかゆみが治まらず、どんどん酷くなるので皮膚科に行ってみると、
花粉へのアレルギー反応による肌荒れと分かった事があります。
その時は病院で処方してもらったアレルギー用の薬ですっかり良くなりました。
余りにもかゆみが酷い時は面倒がらずに皮膚科に行くことも大事ですよ。

状況によってしっかりとニキビに対処して、きれいなお肌を手に入れましょう(*^_^*)

ニキビ跡を治す方法

(愛知県  momoさん)

サプリとプロテインで肌荒れが改善しました

特に仕事が忙しくなると睡眠不足に陥ったり、食事を抜いてしまったりと不規則な生活になってしまいます。そうなってくると、どうしても気になるのが肌荒れです。

かさかさして粉を吹いたようになって、ひどくなるとウロコのようにポロポロと剥がれ落ちてしまうようになることもあります。

そうなる前に規則的な生活をするべきなんですが、なかなかそこまで気が回りません。

そこで、気をつけているのがサプリで最低限の栄養素をしっかりと摂取することです。

マルチビタミン・ミネラルを摂るだけでも肌の状態が改善するのを実感できます。

ビタミンB群が肌荒れに効果的と聞いたので、マルチビタミンにプラスして飲むこともあります。

加えて、忙しくて食事が取りづらくなる時にはプロテインを食事代わりに飲むようにしています。

これで完全ではないですが、酷い肌荒れが起こることは少なくなりました。

自分の生活を振り返ってみると、食事を摂っても丼ものや麺類の一品料理になることが多く、炭水化物ばかりに偏ってしまっています。

皮膚を作るのもタンパク質が必要ですからきっとそれが足りなかったんだと思います。

食べたものが皮膚に、身体になるわけですから当然ですよね。

食事が偏っている自覚があって肌荒れに悩んでいる方は、一度試してみたらどうかと思います。

(愛知県 T.Kさん)

ツムラの抑肝散はこちらの通販サイトで買えます。




鼻のあたまと、小鼻の脇にニキビ?吹き出物?メンチョ?

私の鼻のあたまの表面は、よ~く見るとボコボコとしたクレーターみたいになっています。
いつからこうなってしまったのか・・・。
昔はあきらかにこうではなかったはずだけど、気づいたらこうなっていた(ToT)

思えば思春期のころ、私も人並みにニキビに悩んだものです。
ほっぺにはできなかったけど、おでこと顎と「鼻のあたま・・・」。
青春の証しニキビ。当時は友達みんなニキビちゃんだったし、
その中では、私は軽い方だったから、あんまり気にしてなかった。
ケアも洗顔くらいで、特にこれといったお手入れもしなかった。

でも、これです。たぶんこれ!!
今の私の鼻を形成した現況はここに始まった。
鼻のあたまと、小鼻の脇にニキビができやすかったもん。

そして、それは大人になってからもたびたび私を悩ませた。
おでこと顎には、大人ニキビはあまりできないけど、
ちょっと寝不足・・・とか、
ちょっとストレス・・・とか、
ことあるごとに、私の心と体の調子のバロメーターとして、鼻のあたまにニキビができる。
周囲の皆は口をそろえて言った。
「それは最早ニキビではなく『吹き出物』でしょ」
「メンチョだよ」
ヒ~~~~(-_-;)そうか・・・。
ニキビ改め、吹き出物、およびメンチョにたびたび悩まされているうちに、
私の鼻は、いつのまにかボッコボコのクレーター状になってしまったというわけです。

ファンデーション塗っても、近くで見るとボコボコ感があって、悲しいのよね~~~。
そして今日も、メンチョができている。
都会で生きるって、大変なのよね~~。

(神奈川県 YMさん)




冬の肌荒れシーズンは温泉通いでやり過ごす

私が実践している肌荒れの解消法は、ずばり定期的な温泉通いです。
幸いな事に、私の住まいが有名温泉地に比較的近い事もあり、暇な時間、特に休日は好んで日帰り温泉に出掛けています。ストレスを感じないでゆったりと湯船に浸かれる時間帯は土日であれば午前中であり、最も新鮮な湯を楽しめるとあって朝一のオープニングから入ります。
ご存じの通り、温泉はその成分により幾つかの種類に分かれています。特に冬の乾燥期において一番肌荒れに効果のある泉質は塩化物泉です。文字通り塩化物、つまり塩成分が入った温泉の事を指しますが、これらに浸かると入浴後、塩化物の成分がパックの役割を果たし肌を乾燥から守ってくれるのです。
コツとしては湯あがりの際、水道水由来のカランで身体を洗い流す事は避け、温泉から上がったままの状態で身体を拭くという事。そんな時よくあるケースは湯が熱い時になかなか汗が引かない事で、肌着を濡らし不快な思いをしたり、最悪身体を冷やす原因になってしまいます。そうならない様、湯あがり時は水風呂を交える等して十分なクールダウンをする様心掛けています。
近場に温泉が無いという人には若干ハードルが高い方法かと思いますが、特に冬場はあったかいお湯に浸かる事でリラックス効果や血行促進も期待出来、覚えておいて損は無いと思います。

(神奈川県 YMさん)

アルファード買取査定.biz